2014年9月

専門学校生とフェゲタティフのワークショップ

町田デザイン専門学校フラワーコースの学生たちと箱根園芸福祉の森フェゲタティフのワークショップをしました。

箱根園芸福祉の森を借りて、毎年行われている実習です。

フェゲタティフについての簡単な講義をしたのち、植生を観察しながら山を歩きます。

途中植物小話を加えながらnote、時にはルーペを覗いてミクロの世界に驚いたり、枝や葉っぱをちぎって香りを嗅いだり。

都会の教室の中では学べないことを、この野外教室では勉強します。

そして、バケツとハサミを持って、自分の表現したい場所を考えながら植物採集をして、午後の実習で生けていきます。

みんなよく説明を理解してくれたようで、なかなか素敵なアレンジメントが出来上がりました。

台風一過のいいお天気で、オミナエシやワレモコウ・タムラソウ・マツムシソウなどが咲き、秋風の吹く草原はとても気持ちがよかったです。

IMG_1295.JPG

マナコフラワーアカデミーモダン復習レッスン

先日マナコフラワーアカデミーモダンコース、”スジェ”の復習レッスンに行ってきましたshine

久しぶりの町田本校。町田もレッスンを始めたころに比べてずいぶん変わったなぁ(いつのこと・・・・?)と思いつつ・・・。

教えるにあたってクリアにしておきたいことがあったので、レッスンのチャンスをいただいて嬉しかったです。140921ディアゴナル.jpg

いつもながらるみ子学院長の説明はわかりやすく、何パターンかレッスンするとよく理解でき、すっきりして帰ってきましたflair

大勢での集中レッスンは、きっちりとした説明とデモンストレーションがあり、他の方の作品を見られていいのですが、一度に多くのことをレッスンするので流されがちです。

今回はじっくりお花と向き合ってレッスンできてよかったですscissors

時代にマッチし、フランスの雰囲気が漂いながら、日本の生け花の要素も入ったマナコフラワー独自の 

     マナコモダンコース。 是非お薦めです~clover

皆様どうぞレッスンにいらしてください。

フラワーアレンジメントを習ったことがある人も新鮮に感じることでしょう。

勿論初めての方も。

ドイツ人デザイナー ワリークレットセミナー

友人Aさんコーディネートのドイツ人デザイナー・ワリークレットさんのセミナーに参加してきましたclover

写真は非公開とのことなのでアップできませんが、ウェディングの専門家らしくブーケ、リスレット、チョーカーのレッスンでした。

土台作り、資材の使い方、制作方法の違いなど、面白かったですshine

今までパリテイストのマナコフラワーアカデミーのモダンコースレッスンオランダへ足しげく通うAさんのデザイン、そして今年のマナコフラワーアカデミー夏期セミナーのイタリア人のデモなどを見てきました。

それぞれ特色があり、欧米のフラワーアレンジメントはひとくくりにできないと改めて感じました。

色々な方の感性に触れ、多くのデザインを学ぶことは本当に勉強になりますsweat01

レッスンを受けるのは日程的に大変な面もあったのですが、やっぱり行ってよかった、と思って帰ってきました。

生活の花を中心にレッスンをしているので、アレンジメントが多くなりがち、たまには華やかなブーケやリスレットをレッスンしましょう。

新しいテクニックも教えられるし・・・heart01

真っ白な花一面のそば畑

そばの花満開一面に

ソバの花が咲いているのを見たことはあっても、このように一面真っ白なのは初めてで、思わず感嘆の声をあげてしましましたsign03

          こんなにきれいだったなんて!

旅先で出会った思いがけないプレゼントに感激です。

これほど沢山だと圧巻ですannoy

一つ一つの花は小さくて可愛いのですけどねshine

そばの花

 

赤い雄蕊がアクセントになっています。

チョウやハチが飛んできています。

あと少しすれば実が熟し新ソバの季節ですが、美味しいお蕎麦だけでなく、こんな素敵な景色も見せてくれるとは!

ソバ畑と金色になった稲穂の饗宴も素敵でした。

しばらくそこに佇んでいたかったです。

ところで、そばアレルギーの人はこんな光景も見られないのかしら?

1
PAGE TOP