2015年5月

松の木の赤ちゃん

知覚のマツの木のマツカサから飛んできた種から発芽した赤ちゃんclover150524松発芽1.JPG

まだ種の帽子を付けています。

こんな砂利の間からも芽を出しています。

赤ちゃんは植物だって可愛い~heart04

少し大きくなると・・・・・・eye150524松発芽3.JPG

こんなです。

どんなに大きな木でも、最初は種から始まって、こんなに小さいのですね。

何年経つとあんなに大きな木になるのかしら?

身近なところに注意してみると、思わぬ発見があります。

こんな小さいことでも、ホッコリ心が温かくなりました。

えっ、マツのタネって見たことないthink

マツカサの間に一つ一つ羽を付けて挟まっていますよ~。

カルチャーセンター創はしばらくお休みします。

長く続いてきたカルチャーセンター創フラワーアレンジメント教室は、5月で終了し移転することになりました。

移転先での再開は、とりあえず1か月先の予定です。

というわけで、原町でのカルチャーセンター創は今日が最後の日となりましたweep

マナコフラワーアカデミーの I先生から引き継いで15年sign03・・・。

長い間ありがとうございました。

多くの生徒さんがいらしてくださり、楽しいレッスンをしてきました。

感慨深いものがあります。

泉町教室・沼津労政会館とそれぞれカラーがあり、一番教室らしいクラスだったかもしれません。

生徒さんからもたくさんのヒントをもらい、提案もしてもらいました。

また新しい教室に生まれ変わって、再出発ですshine

詳しいことが決まったら皆様にお知らせします。    どうぞ乞うご期待~

気分新たに!

長い連休が終わり、レッスン再開です。

カルチャーセンター創では、マナコフラワーアカデミーオリジナル「立華調フレッシュ」のレッスンを。IMG_2876.JPG

まずは小さいアレンジメントで練習。

役枝をおさらいしながら基本の形、直真本勝手を生けます。

「この形はお稽古した人でなくては生けられないわね~」とカルチャーセンター創のママさん。

小さくても素敵なアレンジメントですshine

復習をしたところで、大きな作品を生けます。カルチャー立華調.jpg

一つ一つの花の位置が大事で、フレッシュコースのアレンジメントとは違った繊細さが要求されます。

生け花とフラワーアレンジメントの融合。

花選びも大事な要素です。

奥が深い~wink

 

午後のレッスンは打って変わったようなデザインです。

法生寺でいただいてきたマメザクラの枝の残りを使って、お花をぎっしり並べました。

20150512.jpg

 

注文しておいた花が揃いませんでしたが、こちらはこちらでなかなか素敵なアレンジメントになりましたshine

花をたくさん使う場合は、色がとても大事です。

ミスマッチと思われるスプレーギクが効いていますね。

花の色、質感、大きさなど、微妙な感を頼りに花材を選ぶのですが、お花屋さんにオーダーしていてもそこはフレッシュなもの。市場に出てこなければ仕方がありません。

お花はいつも一発勝負sign01その時のサプライズ有・そんなところが楽しいのかもしれませんhappy01

オトシブミ?

季節がどんどん進んでいく中、虫たちの活躍する季節となってきましたnote

ここ数年来オトシブミゆりかごchickを作るところを見たいと思っているのですが、なかなか遭遇しませんweep

虫を見つけてIMG_2864.JPG もしや! と期待してみたのですが・・・・。全く動かず!

オトシブミ.jpg

 

 

まさしくこの姿はオトシブミに違いない!

残念!bearing

   確かめることもできませんでした。

 

 

でも、これから一生懸命葉っぱを折りたたんで搖らんを作る時期なので、今年こそは観察できますように。

1
PAGE TOP