ホーム > スタッフブログ

スタッフブログ

春~

朝晩は寒いしまだまだ風も冷たいけれど、らしくなってきましたbud

道端にはスミレの花が咲いていました。スミレ花1

 

 スミレ花2

山では、そのスミレの花の受粉を助けるビロードハナアブが飛んでいました。

 

そしてフキノトウも顔を出しています。

フキノトウ

 

もうすぐお彼岸です。日もだいぶ長くなってきましたsun

早咲きの桜cherryblossomもちらほら咲き始めています。

 

フラワーアレンジメントの教室でもパステル調の春らしい色合いでレッスンをしています。

心ウキウキ~note・・・・です。

ラッピングレッスン

今月はマナコフラワーアカデミーのるみ子スペシャルレッスンで購入した、ラピッドローやラッピング資材を使ったラッピング講座をしています。

ラッピングレッスン.jpg

フランスの資材は色使いや模様が、日本とは違っています。

そんな資材を使ってラッピングをするととてもオシャレですshine20170308.jpg

また、ラピッドローを使ってラッピングすると、花束を自立させることができますclub

日本では花束はせっかくきれいにラッピングされていても、それをほどいて花を花瓶に入れますが、そのままテーブルなどに置いて飾ることができます。

パーティーなどに持っていってそのまま飾るのだそうです。

日本との文化の違いを感じて面白いですね。

フラワーアレンジメント中心のレッスンなので、たまにはこのように花束を作ったり、ラッピングに注目したり、違った側面からのアプローチも新鮮で、生徒さんは楽しそうnoteにレッスンしていかれました。

法正寺花祭り花活けボランティアの募集

4月9日、「箱根園芸福祉の森」のある「法生寺」で行われる花祭りのお手伝いとして、お堂を花で飾ります。

境内で咲いた、スイセンサクラシャクナゲなどの花を使ってお花を生けます。

教室でのお稽古とは違ったお花が生けられる素晴らしい機会ですshine

どなたでも参加可能ですので、興味のある方は是非ご参加ください。DSCN0551.JPG

 

日時 4月8日(土) 10:00~16:00 のうち、参加できる時

場所 法生寺 三島市山中新田4743  055-985-2021

持ち物 ハサミ

作業できる服装でいらしてください。 お昼は法生寺で用意してくださったカレーをいただきます。

残ったお花は、お持ち帰りです。

申し込み・問い合わせ ル・フルーロン 055-924-6501 

                               info@le-fleuron.net

沼津みどりまつりに参加します

4月22日・23日に「キラメッセ沼津」で行われる「みどりまつり」で、体験教室を行うことにしましたflair

時間等は未定ですが、

       1500円の料金で、カーネーションでプードルを作りますdog

時間は一時間程度。

事前受付も可能です。

多くの方にお花を生ける楽しさを知ってもらいたいです。

初めての試みですが、初心者の方にも是非参加していただきたいですshine

詳しくは、後日紹介します。

るみ子スペシャルレッスン ラッピングセミナーへ行ってきました。

マナコフラワーアカデミーるみ子スペシャルレッスンラッピングセミナーへ参加してきました。

360度と180度の花束を作り、それぞれフランスからの資材を使ってラッピングしました。

フランスのラッピングペーパーやリボン、ラフィアなどは日本の色合いと違って、とてもオシャレshineです。ラッピングセミナー1.jpg

色の組み合わせはとても重要で、ちょっと地味かなと思ったラッピングペーパーも合わせ方でとても素敵になりましたflair

また、花束用の日本では売っていない特別な資材を使いました。

国によって花束の作り方や、ラッピングの仕方も違います。

早速、それぞれの素敵な資材を購入。

新しい資材として、生徒さんに紹介しようと思います。

イースターフラワーアレンジメント一日講習会を開催します。

イタリアンレストラン「カスケード」にて、イースターフラワーアレンジメント一日講習会を開催しますshine

可愛らしいヒヨコchickと一緒に春らしいアレンジメントを作りますtulip

日時   3月20日(祝・月)15:00~17:00

場所   イタリアンレストラン カスケード 沼津市泉町13-14  ☎055-925-6154

費用   5000円(花材費&レッスン代・お茶とケーキ付)

      (花器が必要な方は別途500円)

持ち物  花ばさみまたはクラフトばさみ 作品を持ち帰る袋 (花器)

申し込み ル・フルーロン ☎055-924-6501

                   Email  info@le-fleuron.net   先着8名様

お花を生けながら楽しいひと時を過ごしましょうnote

ご参加お待ちしています。

パリ花展の作品がフランスの雑誌の載りました!

マナコフラワーアカデミー「パリ花展」の様子が フランスの雑誌「Atelie Floral」に紹介されましたflair

私の出品した作品もアトリエ パリ花展 

表紙に使っていただけました。

アトリエ パリ花展2

さらには本文の中で 会場の様子

パリ花展 雑誌.jpg

また、個人の作品として、多くのページに載せていただけました。

 

マナコフラワーアカデミーのほうで写真を選んで載せてもらったのではなく、フランスの編集者の方がそれぞれの写真を選んだということで、数ある中からフランスの方にも評価していただけて嬉しいです。

生徒さんも雑誌を見て喜んでくれましたhappy01

マナコフラワーアカデミー新春の宴2017

目黒雅叙園で行われた、マナコフラワーアカデミー「新春の宴」に行ってきました。

久しぶりのマナコフラワーアカデミー恒例の新年会で、100名以上の会員が集まりましたshine

今回はトルコで行われた国際園芸博覧会レポートと、世界的なジュエリーカンパニー「俄(にわか)」の社長さんのお話でした。

博覧会レポートは、マナコ会員の先生のお嬢さんでご自身も会員である大野茜さんの報告で、博覧会の会場スタッフとして内側から博覧会を見た様子や出来事、苦労話やトルコの花事情、さらには国際情勢に話は及びました。

ジュエリーカンパニーの社長青木敏和氏の話は、会社の歴史を追いながら、どのように世界展開してきたか何を大切にしてきたかなど、マナコフラワーアカデミーと共通した部分もありました。

どちらも興味深い話で、とても面白かったです。2017マナコ新年会

 

 

また、当日は会長、学院長の花を始め、先生がたの作品が並び、たいそう華やかでしたtulip

そして、会員が一堂に集まった会場はとても活気に満ちてにぎやかでしたnotes

各地方で輝いているshine先生方にお会いして、またパワーをいただいてきました。

そして改めてマナコフラワーアカデミーの底力を感じた一日でした。

フラワーアレンジメントの楽しみは香りも・・・!

レッスンの楽しみは、いろいろなお花を生けたり、新しいデザインやテクニックに出会ったりなどなど。

あまり注目はされませんが、意外にもいい香りを嗅ぐと嬉しいですheart01フリージア.jpg

 

春の花は、香りのするものがたくさんあります。スイトピー.jpg

フリージアスイトピーは代表格。

甘いいい香りです。

先日使ったヒヤシンスも。色によって微妙に香りが違います。

そして、さらには我が家のハーブをグリーン代わりに使ったところ、大好評でした。

ゼラニウム.jpg

 

ローズゼラニウムの葉の香りは本当にいい香りです。

バラカーネーションなど、本来香りのするものが育種の過程で香りは置き去りにされて、いつの間にか匂いが失われてしまいましたweep

見た目だけでなく、香りも重要な要素の一つなのですが・・・・。

バラなどの花に関して言えば、香りにエネルギーを使ってしまうと花もちが悪くなってしまうようです。

残念ですsign03

家の中にこもりがちな空気をお花のいい香りで満たすと、気持ちも上がりますupwardright

そして花から酵素がでて、空気もきれいに。

フラワーアレンジメントにはこんな効果もあるんですよhappy01

生花を家に飾りましょう!

今年も球根をアレンジメントの中に!

今月の沼津労政会館教室フラワーアレンジメントヒヤシンスの球根を使いました。ヒヤシンス 球根アレンジメント.jpg

 

白い球根はきれいなので、そのまま球根をアレンジメントの素材の一つとして入れます。

球根の根が水に浸かるように手前に空間を作り、水栽培のように根を入れて生けます。

上に出た根にはミズゴケを添えてあげて乾燥を防ぎます。

球根を切り花と同じ様に扱ってアレンジするのですが、切り花のつぼみが開くように、ヒヤシンスのつぼみがしっかりと成長し花を咲かせますtulip

球根アレンジメントの良い点は、成長する楽しみがあり、長く楽しむことができるところ。

今、我が家では白いヒヤシンスが花を咲かせ、家じゅうに良い香りを漂わせていますshine

花が終わってから土に植えてあげると、うまくいけば来年も楽しめますよ。

« PREV 4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14
PAGE TOP