2018年12月

今年も一年ありがとうございました。

今年もあと四日となりました。

今年一年を振り返ってみるとeye、いろいろなことがありましたshineエトワール

長い間続いていたマナコフラワーアカデミーモダンコースのレッスンを卒業しました。

最後のコース「エトワール」の授業を終えて、すべてのレッスンを学んだことになります。

全部で75単位。最初はいつまでかかるのかしら?と思っていましたが、修了です。

一日5単位の超ハードなスケジュールから始まり、お花三昧の日々で大変だったのですが、楽しい時間でした。

最後に教えるための試験が残っていますが、一段落です。

20180328さくら18.JPG

3月には、13年も続けていた三島「えがお」の障碍者の方々へのボランティア活動に終止符が打たれました。

この活動も最初は障碍者の方々への接し方がわからず手探り状態でしたが、だんだんと交流もできるようになり、最後は後ろ髪惹かれる思いでした。

通所者の方々にたくさんのエネルギ―をもらい、楽しいひと時でした。

10月には、マナコフラワーアカデミーの底力を感じる「大阪花展」がありました。作品縮小2.jpg

大きな展覧会に参加するたびに生みの苦しみを味わうのですが、終わってみると素晴らしい展覧会に参加できた喜びと達成感で、参加してよかったと思えるから不思議です。

今度は3年後、60周年の東京です。楽しみです。

そして、年末にはクリスマスワークショップが続きました。

今までの活動を見ていてくださった方たちからお声をかけていただき、色々なチャンスを生かせることができました。

真面目に真摯な態度で活動していると、いいことがあるのだなと思います。

今年一年も無事終わろうとしています。皆さまありがとうございました。

どうぞ良いお年をお迎えください。

クリスマスワークショップ今年も好評でした。

12月9日(日) 「箱根園芸福祉の森(法生寺)」クリスマスワークショップを行いましたnote

       今年は全員がリピーター。

ほとんどの方が午前中の散策から参加してくれました。

 

リピーターの方々ということもあって、リースではなくてアレンジメントを作った方が多かったです。DSCN3858.JPG

 

今年で13回目。例年と違って日曜日で一週間ほど遅い日程となったせいか、こじんまり和気あいあいとした雰囲気でした。

その時の様子や詳しくは自然を生けるのコーナーでご紹介します。

大盛況だった静岡オーガニックフェスタ・ワークショップ

先日愛鷹運動公園で開かれた静岡オーガニックフェスタのクリスマス飾りワークショップは、大盛況で終わりましたshine

第一回ということで、参加者みんなが手探りでの開催だったのですが、お天気にも恵まれ、大勢の方が来てくれました。

         大成功です!

前日から搬入が始まった各ブースは所狭しと並びます。静岡オーガニックフェスタ1

朝早くからみんな準備で大忙しです。

私たちの場所も飾りつけ。DSCN3838.JPG

ミニスタンドを借りて、リーススワッグ(壁飾り)を飾ります。

DSCN3839.JPG

看板を出して

ほら!こんな感じsign03

開始から多くの方が来てくださり、大忙しで嬉しい悲鳴!

三島からいらしたWさん親子は、プログラムを見てこのワークショップを楽しみにいらしたとのこと。DSCN3841.JPG

素敵なリースを丁寧に作られていきました。

自然からの贈り物、ヒノキの葉っぱ松かさ、公園内のモミジバフウの実シンテッポウユリの実など、リボンやオーナメントと組み合わせて、一人一人のオリジナルクリスマス飾りの出来上がりscissorsDSCN3843.JPG

ひっきりになしのお客さんで気が付けば終わりの時間になっていましたhappy02

最後は中央の竹のジャングルジムからの餅まきでした。

 

周りの様子を見る時間がなく、片付けをしているときに、会場にようやくヤギがいることに気付きましたbleah

 

DSCN3848.JPG

ゆっくり周りを見てみたかった・・・。

お手伝いしてくれたNさんのお陰で備品がそろい、さらに搬入も片付けもスムーズにいきました。

途中助っ人に来てくださったIさんお二人もとても助かりました。ありがとうございました。

そして、思いがけず元マナコの会員だったSさんとも再開しました。

どうなることかと心配したワークショップでしたが、終わってみれば大成功。大変でしたが、楽しい一日となりました。

毎年の催しにして、静岡にオーがニック文化を根付かせようというこの企画。うまく続いていくといいなと思っています。

1
PAGE TOP