2016年4月

根津美術館 尾形光琳 燕子花図屏風

マナコフラワーアカデミーのレッスンに行った折に時間があったので、尾形光琳燕子花図屏風を見に、表参道の根津美術館へ行ってきましたfoot

昨年MOA美術館紅白梅図屏風と共に展示されると聞いて、見に行くのを楽しみにしていたのですが、日程が合わず断念bearing

紅白梅図は以前見たことがあったので、今度は燕子花図を是非見たいと思っていました。

お花のお稽古でも、この燕子花図をイメージしてレッスンをしたことがありますsign03

リズミカルに燕子花が並んだ様子は、圧巻でした。

その後庭園を散歩しましたrun根津美術館1

新緑が美しく、フジの花はいい香りを漂わせ、ツツジの花も咲いていました。

勿論カキツバタもsign03根津美術館2

ちょうど咲き始めで美しく、多くの人が写真を撮っていました。

歩くにはちょうど良い気候で、とても気持ちが良かったですsun

しばしアートの世界に触れた時間でしたnote

桜の花びらのじゅうたん

近所の公園がcherryblossomの花びらのじゅうたんで敷き詰められていましたshine桜の花びらじゅうたん

今年は雨や風に耐えて長く桜の花を楽しむことができたと喜んでいたら、こんなおまけがついてきて、嬉しいですribbon

タンポポの花たち

タンポポの花も咲いていて、春爛漫~note

 

 

 

DSCN0619.JPG鳥たちchickもお散歩していましたfoot

ツグミは少し歩いては立ち止まり、様子を伺って、お得意のポーズconfident

もうすぐ北へ帰る準備か、5羽も一緒でした。

スズメの散歩

 

スズメもあちらこちらに。

ムクドリがものすごい勢いで通り過ぎていきます。

桜のじゅうたんに誘われて、カメラを片手に出掛けました。

暖かい春の一日でしたhappy01

 

法生寺花祭り 境内をお花で飾りました。

今年も法生寺花祭りcherryblossomに合わせて、お花を生けました。DSCN0551.JPG

今年もNさんとSさんがお手伝いに来てくださって、たくさんのシャクナゲスイセンを使って正面玄関から生けていきました。

大きな作品をNさんと生けている間に、Sさんは一輪挿しをつぎつぎ生けては、お堂のあちらこちらに置いていきます。

毎年、どんな花材が集まるかドキドキものですが、今年も素敵に出来上がりました。

そしてお花でいっぱいになったお堂は、文字通り「花祭り」、一気に明るくなりましたflair

詳しくは「自然を生ける」コーナーにアップします。

明日は法生寺で花生けボランティア

明日お花を生ける準備をするために「箱根園芸福祉の森」の法生寺へ行ってきました。

毎年どんなお花が咲いているか微妙な時期で、今年もどんな様子か見ながらeye、山を回ってきましたrun

幸いなことに、たくさん植えられたスイセンがちょうど咲いていて、3つのバケツがいっぱいになるくらいありましたhappy01

キブシの花も咲き始め、大きな枝を伸ばした先に黄色い花をつけています。

ユキヤナギも咲き始めています。

山に自生したものや、植えられたものを少しづつ集めながら歩くのは楽しいことですnote

DSCN0519.JPG

サクラには少し早いようでしたが、マメザクラがボチボチ咲き始めていましたcherryblossom

去年はクロモジの花がちょうど黄緑色の花を咲かせていたのですが、今年はまだ蕾の状態(左の写真)weepDSCN0521.JPG

 

他にはツバキの花が満開でした。

きちんと手入れされた庭園に咲いているものとは違い、虫に食べられていたり、花の端が傷んでいたりと、いろいろですがbearing、それもまたよしです。

一昨年、昨年とお花屋さんから花を買い足していましたが、今年は自然のものだけで飾ることにしました。

新しい器も増えて、明日が楽しみですtulip

 

1
PAGE TOP