2016年3月

デビッドオースチンのバラ

今、先日花嫁さんのブーケに使った残り、デビッドオースチンのバラが我が家に飾られていますclover

デビッドオースチン バラ.jpg

晴れの日のブーケ、お花は上等なものを使いたいと思い・・・

お花屋さんに少しの本数をお願いするのは申し訳ないし、かといって市場へも少ない本数は頼めませんweep

そこで、一昨年の展覧会の時もお願いした、生産者の杉本さんにバラをお願いすることにしました。

お花がきれいだと、バッチリ、ブーケも決まりましたscissors

ご本人もとても喜んでいたので、良かったです。

 

開いてくると迫力がありますね~sign03DSCN0465.JPG

生花が飾られると 家の中がぐっと華やかになりますflair

そしてこの咲き方。

しばらくはバラの花を楽しめそうですnote

たまにはこんな作品作りも・・・フェルトのコラージュ

フローラモアのレッスンでコラージュを作ってきました。ATJコラージュ

いろいろな種類のフエルトを使って、重ねていきます。

フェルトは毎年新しいものがでてきて、どんどんバージョンアップしていますupwardright

季節を問わず、注目する資材です。

毛糸と組み合わせると素敵なデザインとなり、その中に生花を入れることで生き生きとした作品に仕上がりますflair

今回は八重のクリスマスローズフラスコに入れて加えていますdiamond

バーツを二つに分けずに大きく作ってもいいし、デザインはいろいろに考えられます。

フェイクの葉も以外に効果的でした。

また新しいフラワーデザインの世界を体験しました~good

マナコフラワーアカデミー レッスンへ行ってきました。

先日マナコフラワーアカデミーモダンコースの復習レッスンとパリ花展の作品のレッスンをしてきました。20160310カドリーユコルネⅡ正面 カット.jpg

モダンコースでは、それぞれの先生が違うレッスンをしているので、自分の作品以外の多くの作品を見られます。とても勉強になりますwink

時代にマッチした洗練されたデザインはとても人気があり、多くの先生方が学んでいますribbon

マナコフラワーアカデミーでのレッスンが積み重なって、モダンコースのデザインが深まり厚みを増しているように感じました。

コースは5段階になっていて、丁寧な解説がなされ、しっかりとしたモダンの技術を学ぶことができますscissors  とても楽しいですnote

是非お勧めです。

翌日はパリ花展に出展する作品の試作です。パリ花展練習1カット.jpg

海外で生けるので、条件がいろいろあって、ハードルが高いですが、それも生みの苦しみ・・・happy02

あれやこれやと試してみます。

パリ花展練習2.jpg

 

 

今回は海外ということもあって、和にこだわってみましょうか?

あまり手の込んだものはできないけれど、すこし丁寧に作品作りをすることにしましょう。

今回生けたものをたたき台にして、もう少し練ることにしました。

いいアイデアが浮かびますように~flair

カスケード・フラワーアレンジメント一日講習会

3月4日と6日 イタリアンレストラン″カスケード”一日講習を行いましたshine

「春のアレンジメント」と題してでしたので、春の花を沢山いれました。201603カスケード一日講習風景

サクラcherryblossomの枝をメインに、チューリップtulipナノハナcloverムギなど。

さらに長く楽しめるようにヒヤシンスムスカリ球根budをコッソリしのばせました。

 

フラワーアレンジメントはほとんど経験のない方たちでしたが、和気あいあいの雰囲気で楽しいひと時となりました。

DSCN0311.JPG

 

みなさんお花と向き合って自分の世界に浸っています。

最後にお茶とスイーツcakeをいただき、ちょっとしたブレイクタイムを過ごしましたnote

 

スタッフのMさんも参加してくださいました。お友達のYさんと。

 

また企画しますのでどうぞご参加ください。

1
PAGE TOP