2015年10月

フラワーアレンジメントも基本が大事!

カルチャーセンター創に来ていたKちゃん。小学生の間は主に行事の花やプリザーブドフラワーアレンジメントを生けていました。

中学生になったので、ここ最近はきちんと基本を勉強してもらおうと、マナコフラワーアカデミーの基本図を描いてもらい基本の形をike生けてきました。

しばらくぶりで行事の花で楽しんでもらおうと、今回のレッスンはハロウィーンのアレンジメントですnote

151019ハロウィーンアレンジメント2.JPG

おもちゃカボチャを使って、好きなようにデザインしながら生けてもらいました。

以前は見た目はきれいでも、挿し口や角度が違っていたのですが、ほんの少し基本を学んだだけですが、以前とは大違いsign03

とてもきれいに生けられましたshine

  バランス感覚も素晴らしい・・・・・・。

今回もマナコのカリキュラムのすばらしさ、基本の大切さと改めて感じました。

トーマス・ドゥ・ブラウネのデモンストレーション

東京で行われたベルギーデザイナーのトーマス・ドゥ・ブラウネと秋桜花を主宰している神保豊氏のデモンストレーションを見に行ってきました。

以前トーマス氏がオランダで行われた花のワールドカップにベルギー代表で出場したとき、氏の友人のAさんと共に応援に行ったり、何度か日本でもお会いしたことがあり、久しぶりだったにもかかわらず私の事を憶えていてくれましたheart01

世界中を忙しくデモンストレーションして回っているということで、久しぶりの日本だということです。

二人で21点もの作品を次々と、解説を交えながら作品を作り上げていく2時間余り。アッという間でした。トーマスデモ1

 

花を生けるまでの作業があってこそですが、それも含めてレッスンに取り入れたいと思います。

 

神保氏のデモはトーマスと被らないようにということで、生花以外の素材、アートフラワープリザーブドフラワードライフラワーを使った作品でした。

最近はヨーロッパでも造花プリザーブドフラワーを上手に混ぜながら、TPOに合わせて使っているということで、こちらも参考になるものでした。

神保氏デモ

お二人の作品は合わせて21点、2時間の中で大忙しの作品作りでしたが、とても充実した時間でした。

お声をかけていただいたAさんに感謝です。

コブシの実

お天気のいい休日sun 伊豆の出先の駐車場にたくさんの赤い実がなっていましたhappy01コブシの実

よく見るとそれはコブシの木になった実がはじけて赤い種が見えているのですeye

こんなに沢山の実が一斉に赤い種を出しているのを見たのは初めてですshine

青空に映えてとてもきれいですcherry

コブシの実拡大

 

ここはきっと肥料がよく効いたところなのでしょう。

種が実の中でたくさん育っています。

実の形がグーrockを握ったような手の形に似ているのでコブシの名がついたのですが、いつもはこんなふうに実がたくさんついていないので、その外側の拳の形がよくわかるのですが・・・・

こんなに赤が目立つと鳥chickによく見えますね。

 

                    キノコ

                          他ではこんなキノコを見つけました。

                                          まさに実りの秋ですapple

                 

 

1
PAGE TOP