2014年7月

原町カルチャーセンター創で 夏のフラワーアレンジメント

今日は、沼津市原のカルチャーセンター創でのレッスン。

夏休みに入り、小学生のKちゃんが一日講習に来てくれました。

夏らしいアレンジメントを、ということでヒマワリを使いました。

140729カルチャーKちゃん.jpg

 

貝やテープなど、副素材を使って、楽しくアレンジしましたnote

お花はTPOが大事ですsign03

どんなところにどんなふうに飾るかを考えながら生けることが、生活に根付いたマナコフラワーアカデミーのお花です。

フラワーデザインのテクニックを学びながら、さらにはシチュエーションも考えて。

基本を大切にしながらも、レッスンは楽しくですnote

そして、Aさんは、一昨日のお花のアジアカップの興奮冷めやらぬという様子でした。地元で開催されたアジアカップ、世界に目を向ける機会になったようで、よかったです。

 

フラワーデザイン国際競技会 アジアカップ 沼津で

昨日、一昨日と沼津駅前の プラザヴェルデでお花のアジアカップが開かれましたshine

日本で開催されるのは16年ぶり地元沼津市で開かれるとのことでしたので、とても楽しみにしていましたnote

 

フラワー アジアカップパンフ1.jpg

普段は見られないような作品が生で見られ、競技の様子もじっくりと見ることができてよかったです。

前々から生徒さんはもちろんお花を習っていない人にも大いに楽しめると思って、勝手に宣伝していました。

折角の国際大会、多くの人に見てもらえてうれしかったです。

並んだ作品はどれも力作flairで、アートの世界でした。

フラワーアジアカップ作品1

 

また、ジャパンカップの予選となる東海大会も開かれていて、こちらは大いに参考になる作品が並んでいました。

IMG_0834.JPG

 

 

 

 

会場では以前レッスンに見えていた方と久しぶりに再会したり、顔見知りの県の職員の方に偶然お会いしたり、一緒に作品を見ている方に話しかけたら、県の華道協会会長さんで話が弾んだり、思いがけない嬉しいことがたくさんありましたhappy01

2日間思う存分お花を楽しみましたcherry

初心者でも素敵なフラワーアレンジメントに・・・・。

ついに梅雨明けで、暑い夏がやってきましたsun

お花にとっては、これからは厳しい季節です。

そんなわけで今日は涼しげなアレンジメントを、ということで、白とグリーンを主体に作品を作りました。

沼津市原町にあるカルチャーセンター創に、依然来ていたKさん、ご近所のOさんお二人のワンデイレッスンnoteでした。

Oさんは、レッスンにいらしていたお嬢さんが結婚してからお花を飾ることがなくなったので、たまにはご自分でお花を生けたいとのことでした。

140722 自宅.jpg

手順に沿って生ければ、この通り!

素敵な作品に仕上がりましたshine

フラワーアレンジメントのいいところは、ルールに従って生ければきれいな形になることです。

そして生け花ほどかしこまっていないので、楽しく生けられます。

「一輪挿しに花を生けることはあっても、こんな風に花を生けるのは何年ぶりかしら?」とおっしゃっていました。

今の季節、グリーンを多めに使ったアレンジメントはおすすめです。

一方、Kさんは、先日友人にディスプレー用の花を頼まれ相談に見えました。

レッスンをしばらくお休みしていたのですが、以前のノートを見てお花の作品を思い出して作ったところ、とても喜ばれた、と話していました。

     一度身に付けた技術はやっぱり本物flair

               かけた時間は無駄ではないということですね。

初めての方も、久しぶりの方も、お気軽にレッスンにお出かけください。

ワンデイレッスンなどご相談くださいませ。           お問い合わせは、 ル・フルーロンまで

ベランダ―のつぶやき

我が家のベランダは今、ブルーベリーの実がなり・・・・・鳥たちchickが喜んでいますdiamond

朝いちばん、ベランダに出るとかすかにハーブの香りcloverがします。

 ラベンダーローズマリー紫の花チェリーセージ

          ゼラニウムピンクタイムとカモミール、マートルは白 といろいろ。

嬉しすぎて水をやりすぎないように気をつけなきゃsign03

いただいたウコンの葉は巻物のように伸びています。

固めて捨てたビワのタネは、今やビワの小さい森になっています。     楽しい~note

                                         (カルチャーセンターW)

マナコフラワーアカデミー セミナー

先日マナコフラワーアカデミーのブロックセミナーが東京で行われました。

今年はイタリアのARS FRORUM(ヨーロッパ花指導者協会)から会長のパオラ・スコッシマツロさんと会計担当のフィオレラ・ガジェロさんを迎えて、お二人のデモンストレーションが行われました。

お二人とも数々のお花のコンテストで入賞し、お花の本に作品を掲載されていて、活躍している方々です。

イタリアの花を歴史を順を追ってスライドで解説したのち、10作品を作ってくださいましたsign03140706ブロックセミナー イタリア人デモ

テーマにあった音楽が流れ、テンポよく作品が出来上がっていきます。

以前フランスの方が同じようなテーマでデモンストレーションをしてくださったことがあり、

       違いが判り興味深かったですimpact

色彩が地味なのが意外でした。

セミナーは相変わらず、マナコファミリーが集合!という感じで、大御所の先生たちはもちろん、東日本各地から先生方が集まり、和気あいあいとした雰囲気でしたhappy01

最後にデモの作品がお持ち帰りになり、一緒に行った生徒さんの I さんがくじに当たりました。

楽しい一日、さらにお土産もできてよかったですclover

ユウレイタケ ギンリョウソウ

先日、山でギンリョウソウに出合いましたimpactギンリョウソウ1

色々なところで見ることがあり、そんなに貴重なもtのではありませんが、透明感のあるこの植物を見つける、と今年も出合ったねと嬉しくなりますnote

なんとも不思議な色です。これがつぼみで、花を咲かせ、実を結ぶとはsign02知らない人が見たら絶対に想像できないと思います。

登山道のあちこちで見ることがありましたが、こんなに沢山塊になっているのは初めてで感動しました。

ベニサラサドウサン

 

 

 

他にもウラジロヨウラクベニサラサドウナンなど、かわいらしい花にたくさん出合いましたcherry

お天気は悪かったのですが、緑の中を歩くのは気持ちがよく、いつも何か新しい植物に出合えます。

日本は美しい国としみじみ思いましたheart

1
PAGE TOP