2013年7月

秋の七草 キキョウ

まだ7月なのに、キキョウの花が咲き始めましたclover

はぎききょう、くずおみなえし、ふじばかま、おばななでしこ・・・とよまれる秋の七草の中に、キキョウの花があります。山上憶良はこのキキョウを「あさがほ」とよんだらしいですが・・・。IMG_8535.JPG キキョウ

つぼみはその様子から英語でバルーンフラワーと言われます。

咲いた花をよ~く見てみましょうeye

花が咲くと、まずはおしべが先に花粉を出します。この時、アブがやってきて蜜を吸いながらおしべの周りをうろうろしていましたよ。

そのあと、めしべの柱頭が開いて受粉体制を整えます(右側の花)

ここでもキキョウは、自家受粉を避けて、雑種を作る努力をしているのですね。

めしべの時期になった花では、蜜があまりないのかさっさとアブは飛び立っていきました。よく知っているのに驚きです。

ホタルブクロの花が咲いていたので、のぞいてみたら同じようでした。

ホタルブクロキキョウが咲いていると、そのたびに中をのぞいてしまいますhappy01

マタタビの実 どっちが本当の実?

IMG_8605.JPGのサムネール画像これマタタビの実です。

マタタビはご存知のとおり、「猫にマタタビ」という言葉があるとおり猫が大好きで有名な植物ですが、実を焼酎につけたお酒も美味しいので知られています。

山を歩いていると、ツルにたくさん実がなっていましたnote

 

右にあるどんぐりの形をしたものが正常の実、枝についているデコボコした形の実は、虫こぶまたは虫えいといって、花の咲く時期にマタタビアブラムシが寄生して奇形になった実ですsad

このように外からの侵入者に対して、人間が傷口にかさぶたを作るように、植物は皮を堅くしたり形を変えたりして自分を守ります。

そして、この奇形化した実こそが焼酎づけにすると美味しいお酒になる、ということになっています。何やらマタタビ酸というのが多いらしいです。

マタタビの白い葉

 

マタタビは花の咲くころ、ツルの先にある葉の数枚を白くします。

これは花が咲いたよ~、と訪問昆虫に知らせる合図と言われていますが、どの昆虫に知らせているのでしょうか?

花などが白く見えるのは、白い色素があるわけではなく、間にある空気の層が光の加減で白く見えています。

マタタビの葉は夏になると緑の葉が白く変化するのですが、葉緑素はちゃんとあって、間に空気の層ができて白くなったので、葉に傷をつけてみると空気が抜けて緑になります。

虫こぶになったマタタビの実をつけた焼酎、飲んでみたいものですが、さっさとしなかったら、実がショボショボになってしましましたdespair

マタタビ酒を作るには数が足りませんね。

ハナイカダ カルチャーセンターで

原町にあるカルチャーセンター創に持って行った実の付いたハナイカダの一枝。

それを見たカルチャーセンター創に来ている人たちは皆びっくりeye

葉っぱの上に乗った青い実。

自然の工夫?に感心flair

特に花の枝と葉脈がくっついて、実がついているところまで葉脈が太いところに驚いていました。

これから花だけでなく、木の枝や葉にも興味をもって見てくれるようになってほしいです。

                                         (カルチャーセンター W)

箱根園芸福祉の森の山歩き

今日は箱根園芸福祉の森を法生寺の皆さんと歩いてきました。

箱根とはいえ連日暑い日が続いていたのですが、今日は少し暑さも和らいで気持ちいい一日でした。

明日のすぎなのの材料を集めながら散策ですsweat02

いつもと違い、フロラルフォームのパウダー使ってアレンジメントを作ります。

お花があまりなくて・・・・weepとのことでしたが、そこは自然の中、目立たないながら色々な花が咲いていました。

そんな中、オレンジ色のヒメヒオオギズイセンが目立っています。ギボシの花も使えるかしら?ムラサキシキブの花はよ~く見ると黄色いおしべが可愛いです。そして、アジサイも。

グリーンではありますが、キブシサンキライハナイカダなど、実物も結構あります。

バケツ一杯に集まった花材、明日も楽しくアレンジメントが出来そうですhappy01

翌日の様子はこちら 「自然を生ける」のコーナーで。

アレンジメントに興味のある方、ボランティアに興味のある方、こちらまでどうぞご連絡ください。

プリザーブドフラワー 一日講習

プリザーブドフラワーギフトアレンジメントを作りたいと Aさんが一日講習にみえました。

数回一日講習に参加しただけだったAさん、今日は基本を超えたアレンジメントに挑戦ですrock

予算もあって、プリザーブドフラワーだけではボリュームが出ないので、他の資材を加えました。

プリザーブド ギフト トリミング.jpg

 

最近は百円ショップを馬鹿にすることなかれ、吟味して選べば結構使えるものが見つかります。

丁寧に作られたAさん。

素敵なアレンジメントに仕上がりましたscissors

そして、作っている間とても楽しそうでした。 最後に「楽しい~。ずぅっとやってたいな。」とつぶやいていました。

どうぞ、一日講習など、お気軽にご相談ください。 info@le-fleuron.net まで

マナコフラワーアカデミーオリジナル 立華調フレッシュアレンジメント

立華調フレッシュアレンジのレッスンを、真子やす子先生に受けてきましたgood

 

立華調アレンジメント 大 オクラレルカ.jpg

 

生け花の立華のフォルムの美しさとフラワーアレンジメントの華やかさをミックスした、マナコフラワーアカデミーオリジナル立華調フレッシュ

生け花は、ちょっと敷居が高いという方にぴったり。

大きな作品から小さな作品まで、どんな場所にも似合います。

ヨーロッパのデザインの、これでもかこれでもかと花を入れ込むのとは違って、日本らしい空間を生かしたデザインは静かな雰囲気を醸し出します。

 

立華調アレンジメント 中 ユリ.jpg

 

選んだ花材や花器で雰囲気はガラッと変わり、生けていて楽しいです。

立華調アレンジメント 小 デルフィ.jpg

 

この素敵な立華調フレッシュ、是非多くの方に知っていただいて、お花を生けていただきたいな、と思います。

七夕アレンジメント 一日講習

カルチャーセンター創の ONE DAY レッスンに今回も、小学生のKちゃんが参加してくれました。

七夕アレンジメント Kちゃん.jpg

 

Kちゃんの作った作品はこれです。

夜空をイメージして、の花を中心に。綺麗なコチョウランも入れて。

オランダからの綺麗なラッピングペーパーを敷いて、星の形のビーズや、青や白のビーズを散らばらせてshine

Kちゃんはアルミワイヤーを丸めるのがおもしろくて、いくつも作っていました。

くるくる丸めて、蛇を作ったり、お星様をかたどったり、IMG_8490.JPG

 

Kちゃんのストーリーを作って楽しんでいましたhappy01

 

 

星のビーズshineはあちらこちら訪ねて探した甲斐あって、効果的に使うことができました。

材料にこだわって良いものを探すことが大事、とつくづく思います

お花も花屋さんに任せッきりではなく、自分の目で見て確かめる大切さを思います。今回もコチョウランがヒットでしたscissors

是非皆さま 一日講習にご参加ください。きっと素敵な花に出会えますよ。

お問い合わせはこちらへ  http://www.le-fleuron.net/contact/index.php?id=2

1
PAGE TOP