2013年5月

植物は知っている・・・音も光や色も香りも!?

本はきりがないのでなるべく買うまいと思っているのですが、先日多田多恵子先生お勧めという帯にひかれて、ダニエル・チャモヴィッツ著「植物はそこまで知っているという本を買いました。

視覚、聴覚,臭覚、触覚、位置感覚、・・・そして記憶  とあります。

  えっ うそsign02

植物に神経があるはずがない、記憶するなんて脳がないでしょう・・・・・・・?

本を読めばわかるのですが、例えば

    光を感じて明るい方へ茎を伸ばす 日の長さを感じて花を咲かせる

    ものに触れたのを感じて蔓を絡まらせる 食虫植物は虫が触れると葉を閉じる

    虫に食べられると香りを出して他に知らせる  そして食べられていない葉も虫を寄せつけない物質を作り出す   などなど                     

                                        

動けない植物が、どのように生きていく術を身につけているのかがよくわかる本で、とても興味深かったですeye

随時「植物の話」コーナーで紹介しましょう。

     

緑が美しい季節に・・・・

IMG_8233.JPG

 

山の緑cloverがとても綺麗です。

上を見上げると、モミジの花が咲いていました。

黄緑色の若い葉っぱに赤い小さな花が映えています。

モミジの仲間は雄花と雌花があるのですね。

カエデの花.jpg

 

 雌花には種となって飛んでいく小さなプロペラのような翼がついています。

 

ムラサキケマン.jpg

下を見るとムラサキケマンが種をつけています。ちょっと触ってみましょうか?

ムラサキケマン 莢.jpg

 

あらあら、莢がはじけて飛んで行ってしまいましたeye

莢はくるくると巻いて種を飛ばしたようです。

子どもの頃、ホウセンカでこんな風に遊んだ記憶があります。

思わず莢に触れてみんな飛ばして遊んでします。

箱根園芸福祉の森のNさんも、子どもになったように嬉しそうでした。

野山を歩いていると、色々な発見があって楽しいですnote

球根アレンジメントのアマリリス

1月に制作した球根アレンジメントアマリリスが咲きましたtulipアママリリス花 赤.jpg

 今年は寒暖の差があって、それぞれのお宅で咲き具合はまちまちでした。

ずいぶん前に咲いてしまった方。まだ蕾という方、いろいろです。

我が家のアマリリスは、目も鮮やかなです。

ヒヤシンスムスカリはとうに咲いてしまったのに、今年は寒暖の差があって花の咲き具合がそれぞれのお宅でまちまちでしたが、我が家のアマリリスは今が盛りです。

外では、数年前からの球根アレンジメントに使用したアマリリスの花が次々に咲いています。

 

アママリリス 黄色.jpg

アマリリス白.jpg

 

黄色、これからはピンクも・・・・・。

球根アレンジメントのレッスンをした方たちから、嬉しそうに花が咲きましたよ~と報告を受けます。

アマリリスは、意外に丈夫で毎年花を咲かせるので、長く楽しめますねheart01

フラワーアレンジメントの基本

新しく入会した生徒さんのレッスンは、まずは基本から

二つとして同じものはない花を、綺麗にデザインしていくのはルールが必ずしも当てはまりません。

でも初めて花を生けるのに、コツを掴むまではある程度のルールに従って生けていきます。

そこで、しっかりと生ける順序長さ、花をさす位置などを覚えるためにノートをとってもらいます。グリーンから色鉛筆で色づけしながら。

130513 オーバル基本形.jpg

 

それから、そのルールに従って花を生けると・・・・。

レッスンを初めて4回目の I さん基本に沿って丁寧に花を生けていました。

きれいなオーバルの形になっています。

横から見ても綺麗ですscissors

マナコフラワーの指導法は、さすが!理にかなっています。

 

 

130510 インバーティドT基本形.jpg

 

Nさんもマニュアルに沿って花を生けました。

きれいなインバーティドTが出来上がりました。

基本形を生けていくうちにアレンジの手順、構成の仕方、花の取り合わせなど、自然と身についてきます。

初心者の方も、どうぞレッスンにご参加ください。

教室案内はこちらから  http://www.le-fleuron.net/contents/classinfo/

お問い合わせはこちらへ  http://www.le-fleuron.net/contact/?id=1

お祝いのフラワーアレンジメント

今日のレッスンでは、ダイヤモンド婚 お祝いの花.jpgご両親のダイヤモンド婚のお祝いにアレンジメントを作りたいとのリクエストで、いつもより大きめのアレンジメントを作りました。

普段はカルチャーコース暮らしの花を生けていますが、今日は、普段よりきなアレンジメントを生けましたpaper

大きくなっても基本は同じです。

挿し口、生ける角度、バランス、難しいことは考えず、基本に沿って生けていけばいつの間にか出来上がります。

お隣では基本のインバーティドTをNさんが生けています。

Nさんと同じ手順で生けていけば、いつの間にか素敵なアレンジメントのできあがりです。

カルチャーコースで楽しみながらお稽古に通っていたSさんですが、続けているうちに大きなアレンジメントも生けられるようになっています。

きっとご両親、この素敵なフラワーアレンジメント、喜ばれることでしょう。

 

希望レッスンいつでも承ります。ご相談ください。 info@le-fleuron.net

母の日のフラワーアレンジメント

母の日は花業界では、一大イベントです。

マナコフラワーアカデミーの新年でも、栃木のK先生が母の日の準備は半年前からと話していましたっけ。

というわけで、連休返上で、今年も友人のかえるちゃんのところへ助っ人です。

これから母の日まで毎日お手伝いに通いますcar

やっぱり主役の花はカーネーション。フラワーアレンジメントあり、花束あり。

去年も思いましたが、宅配便屋さんも大忙しですね。

               日本の宅配システムは素晴らしいsign03

1
PAGE TOP