2013年4月

イングリッシュローズアレンジメント

イングリッシュローズ.jpg

 

先日ブーケで使ったイングリッシュローズがとても素敵なので、レッスンに使うことにしました。

同じピンクの濃淡のバラを、愛知のMさんに送ってもらいましたnote

大きく開いていく姿はほれぼれするほど。

イギリスのデビッドオースチンが豪華なカットローズを目指して育種をしたというだけあって、波打った花びらの中に折り重なった花びら。ロゼット咲きのバラは存在感があります。

イングリッシュローズアレンジメント.jpg

 

そして出来上がった作品はこれdownwardright

複色のカーネーション2種を加えて。

リョウブの新芽が可愛らしいですね。

イースターのアレンジメントの時に作ったベースに生けたら、その時とはまた違った様子になりました。

これからお花が開いていくのが楽しみです。

花材選びにこだわってこそのアレンジメント。

毎年多くの品種の花が変わって出てくるので、楽しみです。

ちょっと変わったフラワーアレンジメント、一ランク上のフラワーアレンジメントを楽しみたい方はこちらへご相談ください。

親子でフラワーアレンジメントト

久しぶりでSさんもレッスンに来てくれましたheart01

長い間、産休でお休みしているのですが、今回お子さんと一緒にレッスンに参加です。

ホリゾンタル コチョウラン.jpg

 

お母様のSさんはコチョウランを使った清楚なアレンジメントを。

きちんとした性格なので本当に久しぶりなのに、綺麗な形です。

そして6歳のお嬢ちゃのスゥちゃんも一緒にアレンジメントを楽しみました。

スミレちゃんアレンジメント.jpg

 

初めは緊張していて、お花を生ける手も迷いながらだったのですが、生けていくうちに楽しくなって次から次へと花を生けていきます。

きちんと自分の中でデザインが出来上がったようで、お母さんの助言もなんのそのsmile

可愛らしいアレンジメントが出来上がりました。

最後はお母さんのお花も使って生けたくなってしまい、一つだけビバーナムをもらっていましたbleah

子育て中はなかなか自分の時間が持てないけれど、たまには気分転換もしたいから、こんな風にレッスンにこられればいいですね。

でも、最後はパパからの電話で急いで帰って行きました。

また是非いらしてください。

花いっぱいのブーケ デビットオースチンのバラを使って

130413 ピンクブーケ.jpg

 

結婚式の本番ブーケ

たくさんの花を使ってというリクエストだったので、愛知でデビットオースチンのバラを作っている三輪さんのピンクのバラを40本以上使って作りました。

白いウェディングドレスだったのですが、お色直しということで色ブーケに。

手作りならではのブーケとなりました。

髪飾りもピンクのグラデーションでたくさんのバラを使って。

小花は可愛い白いクレマチスを入れて。

 

 

130413和風ブーケ.jpg

 

和風のブーケ水引を使って、ダリアキクで作りました。

長く伸びた水引がアクセントとなって、我ながら感心happy01

グリーンと白の複色のキクがとても素敵で、ダリアとよく似合っていました。

花選びはいつも頭を悩ませるもので、今回も直前まで思い通りの花が揃わず苦労しましたが、友人のAさんが市場に足を運び助けてくれましたheart01

130413 和風髪飾り.jpg

130413 和風髪飾り.jpg

髪飾りも美容師さんがこんなに素敵に仕上げてくれてheart01美容室の方たちもブーケを楽しみにしてくれて、髪に飾るのも楽しんでくれたとか。

式場の係の方もお花の組み合わせが素晴らしいと何度もほめてくださり、とても嬉しかったです。

お花はわき役だけど、花嫁さんには欠かせないもの。

きめ細やかな心配りが出来、お花屋さんが作るのとは違ったブーケとなり、結婚式の盛りたてに一役買うことができて良かったです。

 

 

ブーケのご相談もどうぞ。    info@le-fleuron.net

白いアレンジメント

チューリップ 白.jpg

 

今日のレッスンは白い花を生けました。

月曜日、入荷した花の中からこんなに可愛いチューリップtulipを見つけました。

花びらがフリフリしていて真っ白です。

クリーム色のおしべがアクセントになっています。

この花を使わないなんて!

白いアレンジメントに決まりです。

カラーはちょっと太くて生けにくそうだけど、それも勉強。

それでどんなふうになったかというと・・・・。

こんな風ですdownwardleft

 

130410 ホワイトアレンジ.jpg

 

春の風にそよそよと揺れているようです。

この組み合わせ、ブーケにも出来そうです!

生けているうちにどんどんチューリップの花が開いてきました。

それぞれ違う器を使って生けたので、お互いを比べてあれやこれやwink

 

さすが上級者の方々、みんな素敵でした。

レッスンに興味のある方はこちらへ、どうぞお問い合わせください。出張レッスンもいたします。

http://www.le-fleuron.net/contact/?id=1

法生寺 花祭りの花生け

130406.jpg

今年も法生寺花祭のためにNさんとIさんと一緒に花を生けました。

今年は暖かいので、たくさんの花が咲いていました。

韮山の農場からWさんがシャクナゲをたくさん切って来てくれました。

シャクナゲの枝ぶりは結構暴れていて収まりが悪く、いつも悪戦苦闘ですが、花のボリュームに助けられています。

他のところもシャクナゲのオンパレード。そしていつものように水仙の花々です。

ピアノの生演奏をBGMに、幸せな花三昧の一日となりました。

そして、午後から降り出した雨ですが、土砂降りになる前に終わり無事帰宅出来ました。

詳しくは後日自然を生けるのコーナーで紹介します。

久しぶりのKさん

労政会館レッスンに、長い間お休みしていたKさんが参加してくれましたheart01

130404 労政会館.jpg

 

お休みしていた生徒さんが復帰してきてくださるのはとても嬉しいですhappy01

今回のフラワーアレンジメントはピンクの卵とヒヨコを使って。

イースターはすでに終わってしまったのですが、ヒヨコは可愛らしいので使うことにしました。

数年のブランクがあるにもかかわらず、全くそんなことは感じさせずに、楽しそうに作品を作っていました。

色々な発想で楽しめるのがフラワーアレンジメントのよいところ。

ドラセナの枝がきいています。

どうぞまたいらしてくださいな。

ピンクのカーペット

IMG_7920.JPG

 

桜の花cherryblossomが散り始めましたが、こんな光景がとても素敵です。

桜の花びらのピンク色したカーペット

その間にタンポポの花が咲いて春を感じます。

 

 

シダレザクラ 花びらカーペット.jpg

 

シダレサクラは散ってしまいましたが、後ろのソメイヨシノはまだ散り始め。

上も下も桜色sign03

風に乗ってはらはらと散る花吹雪の中を歩くのもこの時期を逃しては・・・。

桜の花の中を歩いていて、幸せな気分になりましたnote

1
PAGE TOP