2012年7月

蝶と蛾の幼虫

今日、我が家からキアゲハが羽化し、飛び立っていきましたup

畑のパセリを丸坊主にした幼虫。家に持ち帰り、さなぎになった幼虫。

羽化の瞬間を見たくて心待ちにしていたのですが、ちょっと目を離したそのすきに・・・・。

残念ながら、その瞬間は見られませんでしたweep

直後に気づいたさなぎの殻から出てきたばかりの蝶の羽は、折りたたまれてしわくちゃ。少しずつ羽を伸ばして蝶の姿になり、ときおり羽をバタつかせ、まるで飛ぶ練習をしているよう。

羽ばたいていくときは、感動モノでした。  優雅なその姿に思わずにっこりhappy01

IMG_6221.JPG

 

今日はサトイモの葉にもイモムシがeye

今度はどんな蝶になるかしら?と思いながら帰ってきました。

ネットで調べてみたら、なんと!!!

セスジスズメという蛾の幼虫。あっという間に葉を食べつくす害虫とありますangry

明日になったらとんでもないことになっているかも。

明日のアレンジメントレッスン

エケベリア・リプサリス.jpg

明日のレッスンに使う花材が届きましたhappy01

グリーンアレンジメント

もちろんフレッシュなミズゴケ

直径15センチもある大きな多肉植物・エケベリア

まるで海藻のようなリプサリス。サボテンの仲間です。

そういえば以前どこかの植物園で見かけたことが・・・。

何かの卵かと思うような小さな丸いものが、茎に直接ついていて、写真を一生懸命とった記憶があります。

これをどのように使うか?お楽しみにnote

ちょっと資材費はかかるけど、この迫力、豪華さには変えられない。明日のレッスンは楽しみで~す。

クリプタンサスの花

お稽古で使ったクリプタンサスの花が咲きました。

クリプタンサス花.jpg

 

株の大きさに比べて白くて小さい地味な花ですが、花が咲くと嬉しくなります。

小さいながら一ちょ前におしべとめしべがあって、ルーペでのぞくと美しいshine

一番芽先(茎頂)に花がついたのでその腋から新しい芽が出ています。

きっと親株は花を咲かせて種をつけ、成長を止めて次世代に譲るのですね。

このクリプタンサスの今後が楽しみです。

そして殖えたらデザインに使いましょう。

フレッシュ ミズゴケ

フレッシュミズゴケ.jpg

今年もフレッシュミズゴケが届きました。

今月の多肉植物のアレンジメントに使います。

ドライのモスもあるけれど、やっぱり生にはかないません。

このみずみずしさsign01

暑い夏はグリーンアレンジで決まりです。

今月の労政会館アレンジメント

先月に引き続き基本のアレンジメントでした。

先月は同系色のトルコキキョウを使ってファンを、今月は同系色のトルコキキョウを使ったのですが、それに加えクリーム色のガーベラを使いました。形はオーバル

黄色は反対色(補色)なので、配置が少し難しいようでした。

それでも基本にそって、ほら、生けていくうちにこんなにきれいなオーバルになりました。オーバル基本.jpgKさんの作品です。

 

同じ花材、同じ形、それも基本形・・・なのにそれぞれの個性が出ていました。

今日はいつも仕事で忙しいAさんも参加できましたtulip

そしていつものように仕事で遅くいらした I さんは、オーバルのバリエーションだったのにもかかわらず、あっという間に生けて帰りました。

みなさ~ん、遅れてきてもレッスンできますよ~。

フラワードリーム2012

先日東京ビッグサイトで行われた フラワードリーム2012に行ってきました。 

 20120701 フラワードリームジャパンカップ作品

ジャパンカップ、花キューピットフラワーアレンジメント、プリザーブドなど、色々な作品が並び、結構見所がありました。

生け花も今回は参加していて、池坊の伝統ある作品も多数展示されていました。

もちろん資材関係も多少、また、花市場や生産者など、多くの生花が展示されていて、花の空間に居るのが楽しかったですhappy01

 

20120701 フラワードリーム ガーベラ .jpg

 

 

 

 

ガーベラや20120701 フラワードリーム トルコキキョウ1.jpg

 

トルコキキョウ

 

 

20120701 フラワードリーム ユリ.jpg

 

ユリなど・・・・。 

 

 

 

多くの品種が飾られていて、次から次へと出てくる種類の多さにびっくりでしたeye

ステージ上でも色々なデモンストレーションが行われていて、制作の様子を見ることもいい勉強になりました。

作品の評価は、何を基準とするかで分かれるところではありますが、私個人としては花の美しさを素直に表現している作品に惹かれました。

このようなイヴェントを通して、多くの人が一輪でも生花を飾り、花を楽しむようになればいいなと思いました。

1
PAGE TOP