2011年10月

台風 塩害のその後

台風の風が運んだ塩で枯れてしまった葉っぱたち。すっかり冬のような姿になっていたのですが、そこに新芽が出てきましたbud

並木のナンキンハゼ、畑のハーブ、レモンバビーナ、春先のように黄緑色の若々しい葉っぱを展開しています。

でも、これらは紅葉はするのかしら?

今年の紅葉はあまり期待できないけど、注目してみましょう。

昨日のカルチャーセンターでは

 

ハロウィーンアレンジ.jpg
花材集めはいつも悩みの種。
でもこだわりは大切なので、なぜそれでなくてはいけないの?と思いながら、なるべくこだわって探しています。
今回はクリプタンサス。小さいパイナップルのはっぱみたいなものですが(パイナップル科です)、市場で聞いても手に入らず、近所のホームセンターになくて、オークションでゲットしました。
色々な材料を提供するのもレッスンのうちです。
クリプタンサスは水につけなくてもしばらくはそのままなので水が嫌いかと思ったら、そんなことはありませんでした。土に植えず、水につけておいても育ちます。色の種類もあり、便利な花材です。

フラワーアレンジメントのヒント

11月20日の展覧会が約1か月に迫りました。

デザインの構想を立てるとき、いろいろなアプローチの仕方があります。いつもは、使う花や資材を決めてそこから考えるのですが、今回は物語からヒントをもらうことにしました。

「不思議の国のアリス」と「鏡の国のアリス」です。まずはもう一度本を読んでからと思い、図書館からその2冊を借りて読んでみました。

赤の女王や白の女王、華やかな色になりそうです。副素材に毛糸玉をいれて・・・。ねこやうさぎもでてきました。

花の調達、器選び、生け込む時間、多くのハードルをクリアしなければならないので、生花の生け込みはいつも大変です。

思っていた花がどうぞ揃いますように!どんでん返しがありませんように!

国際フラワーエキスポへ行ってきました。

先日、幕張メッセで行われたIFEXへ行ってきました。

色とりどりの花々が並んでいて楽しかったです。IFEX グリーンウィングスブース

多くの花が海外からやってきているのが分かります。

アジアだけでなく、南米からも。コロンビアのブースが一番大きかったです。

180センチのバラですって!!!!

どういう風に作られているのか株を見てみたいですね。

日本球根協会.jpgこんな風に球根をディスプレイしているところもありました。

残念ながら、ディスプレイ用で根が張れず、水分がないので花が咲くまでにはならないそうです。

コルチカムの球根ですれば花が咲く????

今年はガーデンやエクステリアと一緒で、フラワーのところが縮小されていたのが残念でした。

キンモクセイの香り

箱根の観察会の帰り道、箱根園芸福祉の森へ寄りました。

キンモクセイの大木がたくさんあって、今が盛りと咲いていました。あたり一面に漂う香りを堪能してきました。咲き始めは酔うほどの香りだったとのこと。毎年のことながら、これを逃しては・・・!

もう少ししたら花びらが地面を覆い、オレンジの絨毯ができることでしょう。

日本には雄株しかありません。だから実がならない。挿し木で増やしているから一斉に咲くのかしら?

ハロウィーンアレンジ

ハロウィーンかぼちゃ1.jpg10月に入り、ハロウィーンアレンジです。

あまり日本にはなじみがありませんが、イースター・クリスマスと並んで、遊び心があり、楽しいアレンジです。

最近は色々なかぼちゃがでてきて、アレンジに彩りを添えてくれます。                    

マナコフラワー るみ子先生レッスン

東京のマナコフラワーアカデミー るみ子スペシャルレッスンに行ってきました。

学ぶことは楽しいこと。 フランスの資材を使った行事の花のフラワーアレンジメントでした。生花あり、造花あり・・・。アイデアのヒント満載。

一人で作品を考えているとマンネリになってしまうので、レッスンを受けるのは大事なことだと思います。

各地方からの先生方にお会いするのも楽しいことの一つです。

毎年考えるクリスマス、お正月の花の引き出しを増やすことができましたhappy01

キンモクセイ

急に寒くなってきました。

外を歩いていたらキンモクセイの香り。

つぼみを見たかしら?

毎年、香り始めてから花が咲いたのに気づきます。よく見ると枝から小さい花をたくさん咲かせています。

五感を働かせて季節を感じると、ほら、幸せな気分になれますnote

1
PAGE TOP